top of page

DOVES FARM

先日の英国展で購入したDOVES FARMのplain flour。


これまで、イギリスの小麦粉は、タンパク質量からみて、ほとんどが中力粉という認識。

違いがあればBPが入っているか入っていないか。

今回の小麦粉は、、、いやーねー。タンパク質量から見てしまう。そう7.8.

この数字は日本の小麦粉で言いかえれば、薄力粉のバイオレットに匹敵するもの。

イギリスに薄力粉ってあったの?という驚きでしかない。

即効、ステイシーさんに連絡したけど。

やはり驚いておられましたよん。


小麦粉の見た目はやはり灰分を多く含むので灰色っぽい。

バイオレットと比較すると良く分かります。

触ると挽き方がやや粗め。これまでに扱ったイギリスの小麦粉よりはキメが細かい感じが。

新しい小麦粉を見つけるとスコーンを焼きたくなる私。

ステイシーさんはヴィクトリアを作ってね。とおっしゃっていましたが。

ゴメンよ~!  連絡をもらった時は既にスコーンになっちゃってた!


タンパク質は薄力レベル、感触も思ったほど粗くない。

ここまで分かっているのに、頭の中でイギリスの小麦粉だから

水分はたっぷり必要とするはず!と思いこみ精神。

これが若干失敗を招く。


粉とバターを合わせるが、いつものザラッとした粗さはない。

どちらかというと滑らか。

そして、水分投入。

手が滑ったというか、入ってしまったのよね。準備した水分全部。

これでも足りないでしょ!と思っていたので、まっ。いいか。と言う感じで

生地を合わせたけど、なんかベッタリするー。

あれ。水分をたっぷり必要とする粉じゃないの?

ここで思い出す。たいしてバイオレットと変わらない感触を。

元に戻れないのでこのまま型抜きして焼成。


焼きあがると、それなりのスコーン。

そんなに悪くなーい。

水分が多いせいもあるけど、タンパク質が少ない=グルテンのできる力が弱い。

なので、スッと上にあがるスコーンではなく、やや横広がり。

焼成前、冷やすこともしていないので。

真ん中を割ると、黄味がかったような。ふわっと小麦粉の香りが広がり、

味はやはり雑味を感じて美味しい!


水分量だけ気をつければ、美味しいお菓子を焼くことができると思いますよ。

残りの小麦粉で・・・

クッキー焼きたいなぁ。


ついでに、小麦粉を購入した時に入っていたスコーンレシピ。

こちらのレシピでも焼いてみました。

卵が入らないもので、より小麦粉の味を強く感じるかなぁ。









閲覧数:725回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Opmerkingen


bottom of page