top of page

Caku au Citron 小麦粉変更しました

今から2年前、懐かしい!

Caku au Citron のレッスンを行いました。

現在はベーシックレッスン 春夏のメニューとなっています。


このお菓子はフランスで食べた記憶を頼りに完成させたもの。

使用した小麦粉は比較的粒子の粗いフランスの小麦粉をでした。

レッスン後まもなくして、この小麦粉の取り扱いが終了。


レッスン時は代用の小麦粉の配合を記載しておきましたので

こちらで対応をお願いしていました。


小麦粉を模索する中で、

LA TRADITION FRANCAISEという小麦粉。

簡単に言えばVIRONの粉です。

VIRONはご存知の方も多い、有名なパン屋さん。


基本的にはパンを焼くための小麦粉です。

タンパク質が9.9と以前より多く、モチッとしがちですが

粒子の粗さは求めているものに匹敵するので、こちらに

変更いたしました。


それによりベーキングパウダーを3gに変更しております。

作り方は手順の変更はありませんが、

卵とグラニュー糖を泡立てる際は、

ミキサーを持ち上げて線がかけるくらい→1~2秒後に消える(←ここは守る!)

ぐらいまでたててから、ミキサーを低速にしてゆっくりと混ぜてください。


小麦粉を入れて混ぜる時、すごーく頑張らなくていいです。

粉気がなくなったくらいですましバターを入れましょう。

 ※すましバターを入れればグルテンが多少切れますが

  それ以前に混ぜすぎていると、なかなかバターを入れても

  グルテンは切れませんので。


なお、この小麦粉は富澤商店さん、cottaさんでも販売しています。

お高めですが、その他スコーンやクッキーなどに使っていただくと

すごく美味しくできると思います。


英国展などで小麦粉を買われている方は代用になると思いますよ。


富澤商店


cotta






閲覧数:45回0件のコメント

Kommentare


bottom of page