top of page

9月レッスンレポ

9月レッスン『Cake aux amandes et à l'orange』

アーモンドとオレンジのケイクが終了致しました。


今回は材料の種類は多いものの、

順番に混ぜていくと

生地ができる!という注意すべき点は

ありますが、作りやすいものだったと

思います。


レッスン時にもお伝えしておりますが、

このケイクは油脂分の多いケイクです。

一生懸命混ぜすぎると、材料自体の分離が

おきますのでほどほどに。

特に、最後に入れる生クリームは

白いものが見えなくなったら、次を入れると

いうタイミングです。


今回は甘さの為に水あめを入れています。

これまでのケイクの甘さはグラニュー糖

でしたが、この一部を水あめにすることで

保湿力アップ。砂糖の結晶化を防ぐため

パサつきを抑えることができます。


そして、材料にプラリネペースト(アーモンドをキャラメリゼしてペーストに

したもの)に甘味が入っているので、

グラニュー糖を減らしています。


★自家製プラリネペーストについて


アーモンドの焼き具合、キャラメル作成時の

見極め方をおわかりいただければ嬉しいです。

後は、お好みで甘さの調節、粒々度合を

変えることができます。


ただし、ナッツ類はとても酸化しやすいので

お作りになったら早めに使用または

お召し上がりいただくことをオススメします。

冷凍保存はオススメしません。


★市販のプラリネペースト


プラリネはご自分で作らなくても製菓材料店にて

購入できます。

レッスン内で紹介したものは2種。

富澤商店で販売しているものです。

1つは冷蔵ショーケースにあります。

色はやや強め。お味もしっかりしています。


もう1つは常温でナッツ売り場にビン詰めで

販売しております。こちらはとても上品なお味です。


★具材のプラリネ


こちらは具材として使用致しました。

当初、粒々がはっきり残ると思っていたのですが、結果として

あまり口の中で残らず。

これも富澤書店のナッツが置いてある辺りに販売されております。



★おまけのお菓子


ご試食でお出ししました、プラリネのお菓子。

とてもご好評でレッスンを!というお話をいただきましたが、レッスンするほどの内容では

ありませんので、こちらに配合を書いて

おきますね。


『プラリネチョコ』


プラリネペースト  55g

ミルクチョコレート 35g

フィアンティーヌ  35g

 (ロイヤルティーヌ)←サクサクのクレープのようなもの。

  レーズンサンドレッスンにご参加された方。レモンサンドに使いました

  富澤商店ならば、チョコレート売り場辺りにあるはずです!


①プラリネペーストとフィアンティーヌを混ぜる

②ミルクチョコレートを湯せんで溶かし、①を入れて混ぜる

③オーブンシートに伸ばして、冷凍庫で固める

④包丁でお好みの大きさにカット、または、セルクルで抜く。


これをパリパリクッキーの上にのせましたが、クッキーは

タルト生地やレーズンサンド生地のものが合うと思います。


初回レッスン前日に思いついたので、

パリパリクッキー以外

準備していなかったので、統一しました。


触ると手につくものです。

今回のようにクッキーにのせたり、更にサンドにしてしまったり、

テンパリングしたチョコレートをくぐらせて、ボンボンショコラの中身として

使うのが多いです。

アイスクリーム愛好者としてはバニラアイスに加えます!


●紅茶

 WelcomeではWhittard English Roseをアイスでお入れしました。

 アリスの缶が可愛く、中の茶葉も可愛らしいローズがたくさん。

 香りもお味もしっかりと。でも飲みやすく好評でした。


 お菓子と共に、F&B キーマンをお入れしました。

 まだまだ暑い日でしたので、ストレートでお飲みになられる方が

 多かったですが、キーマンはミルクを入れるとより一層味わい深くなり

 美味しく感じると思います。



 ◆8月に引き続き、9月レッスンでも皆様にアンケートにご協力いただき

 ありがとうございました。


 9月は特に継続してお越しいただいている

 方が多く、

 いろいろなご意見を頂戴いたしました。

 少しずつレッスンメニューに取り入れる

 ことができますよう

 工夫をしたいと思います。


 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


                      Macky Laboratoire 吉田真紀




 






閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page