top of page

8月レッスンレポ

8月のレッスンが終了致しました。


このような状況にも関わらず、レッスンに参加された皆様には感謝申し上げます。

そしてお暑い中、足を運んでいただき

ありがとうございました。


8月のレッスンは『Tarte d' été 』

夏のタルトをお作りいただきました。

最後の仕上げは自由。

それぞれ美しく完成された作品と

なりました。


基本のタルトに今回はパッションとマンゴーを合わせたクリーム、ココナッツや

ライム、エディブルフラワーでお仕上げでしたね。


●タルト生地

グラニュー糖の入る甘めのタルト生地。

今回はどなたでもタルト生地を型に敷き

こむことができる方法をお伝えしました。

これまで恐怖に感じていた方もスムーズにできるのではないか?と思います。


クッキー、タルト生地はこれまでもお話しはしておりますが、

とにかく一つの作業をしたら休ませることには変わりありません。

無理に扱いますと焼成時に必ず縮みますので、ご注意下さい。

縮むとその後にクリームを入れる量も少なくなってしまいます。


●パッションとマンゴーのクリーム


※持ち帰りの際、クリームがダレてしまった皆様には大変ご迷惑をおかけし申し訳

ございませんでした。


クリームとして美味しいゼラチン量は

1g。変わりございません。

ただ短時間のレッスン&お菓子を移動する場合には更に強度をつけなければ

なりませんでした。


追ってこのレシピに対してのゼラチン使用量を最大1.6gとさせていただきました。

これ以上は口どけが悪くなります。作り方には変更ございません。


卵とグラニュー糖を混ぜる際、よくこのパターンはあります。

ただ混ぜるだけなのか?白っぽくなるまで混ぜるのか?(ブランシール)


今回は軽いクリームを作るわけではないので、泡立てる必要はなく

すり合わせればよいです。目的によって使いわけています。


一般的には、卵とグラニュー糖を白っぽくなるまで混ぜるのは、

熱い液体を加える時に卵黄に火がはいりすぎないようにするため。

白っぽくなるまで混ぜると空気が含まれるので

熱の伝わりを緩和してくれていると言われています。


●仕上げ

パラパラとピンクペッパーを使用しましたので、普通のコショウとの違いを

説明しておきます。


ピンクペッパーとは(ウルシ科コショウボク)

完全に熟した果実を乾燥させたもの。

刺激的な辛味がほとんどない。


ブラックペッパーとは(コショウ科コショウ属)

完熟していない緑色の果実を天日乾燥させたもの。



●その他

 お持ち帰りの際に巻いたフィルム。

 富澤商店 ムースフィルム(5寸用)←15cmサイズのことです

      10枚 330円

 https://tomiz.com/item/00584400



その他、ご質問等はいつでもメールにてお受けいたしますので

ご連絡下さいね。


引き続き宜しくお願い致します。


閲覧数:46回0件のコメント

Comments


bottom of page