top of page

3月レッスンレポ

3月レッスン『Cake au Sakura』が終了致しました。


前月のガトーショコラに似ていますが、

材料の扱い方が異なりますので

混乱しないように改めてポイントを書いておきます。


★チョコレートの温度

今回も材料であるホワイトチョコレート。

ただ溶かせばいいものではありません。

チョコレートに含まれるカカオバターの

融点は34.5℃。

最低でもこの温度以上に温める必要が

あります。


ビターチョコレートの時はバターと一緒に溶かしましたが、

今回、一緒に溶かしますとある温度では

分離っぽくなります。

ホワイトチョコレートとバターは別々に溶かし、40℃程度で作業を行いますと、

常温に戻した卵黄とも上手く乳化できます。


★メレンゲ

このお菓子がふんわりとする理由は

このメレンゲ。

メレンゲもお菓子によってたて方が異なります。


よく耳にするのは、フワフワのメレンゲ。

これは気泡がたくさん入り、軽い食感を

だすお菓子(ムースなど)を作る時に

使います。


今回必要なのは、重いもの(油分)と

合わせても潰れないもの。

要は目がつまった、しっかりしたメレンゲです。

混ぜ込んでも簡単には潰れません。


小さなポイント(とても重要):使用する直前に必ずたて直すこと。


★全体をあわせる時

全ての生地(特にメレンゲ)を扱う場合ですが、ボウルの端から端(右から左)

(上から下)を使って、合わせていきます。同時に添えている手でボウルをまわしながらです。


≪仕上げ≫

グラスかけ

グラス=シャリシャリのお砂糖(結晶化させる)ですが、厚くまたは薄く塗ることは

お好みになります。


グラスはケイクの乾燥を防ぐだけでなく、保湿効果もあり(パックしているような

ものです)

必ずはけで全体を塗り、5~10分放置して、手に付かなるほどになったら、

オーブンへ入れます。


●紅茶

welcomeでは桜のケイクにちなんで桜の紅茶をお出ししました。

シーズン物の人気はびっくり!2月中旬にはリーフが完売。

今回はteabagでのご提供となりましたが、香りがすごく良かったですね。

自然の香りで(人工的ではない)


今月もご試食ができないまま

TWG Harmutty(ハルムッティ)

アッサム紅茶をお出ししました。

アッサムと言えば正露丸のような丸い茶葉が印象的ですが、

こちらは大きなリーフで販売されていました。即買いです。

そのままブラックティとして飲むのオススメされました。


桜も咲き始め、お花見シーズンを

迎えましたね。

こちらのお菓子と共に、ステキな

Tea timeを過ごして下さるととても

嬉しいです。


まだまだ安心はできませんが、

来月のレッスンはご試食できるかなぁ。

確定ではありませんが、前向きに

考えております。



ご質問はメール、またはインスタグラム DMより、いつでも承ります。

レッスン前日等はお返事が遅れる場合が

あります。


引き続き宜しくお願い致します。


                            吉田真紀




閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【お知らせ】 3月レッスンFlan Natureで使用する 材料のご案内です。 今回はタヒチ種バニラビーンズを 使用いたします。 発注する時期により多少大きさに 差がありますが1台1/2~1本の 予定です。 価格は1本300円~350円に なります。 ご希望の方はお手数ですが 本数のご連絡をくださいませ。

bottom of page