top of page

11月レッスンレポ

11月レッスン Tarte aux marronが終了致しました。

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。


みんな大好きな栗。甘くてホクホクして。とウキウキでこられた皆様。


しかしながら、最初からタルト敷きの洗礼でしたね。

今回は、前回とは異なるタルト生地を敷いていただきました。

敷き方も今回は、よくレシピ本に掲載されていたり、レッスン、講習会で

使われる一般的なもの。ですが、これは慣れないと難しいものでして。


まず、タルト生地の冷え具合,力加減を理解していただいた上で

完全にマニュアル化した敷き方で体験していただきました。

生地は底面と側面に対して、キッチリ角ができること。

厚みが均一であること。フチができていること。


Tarte aux marronはタルト生地がきちんと敷くことができていないと

中に詰めるクリームが余ってしまうものでした。

参加された皆さま全員が綺麗にタルトを敷き、たっぷりクリームを詰め

渋皮煮をのせることができたことが、とても嬉しかったです。


補足説明として、


★底のあるタルト型をお使いの方。

 生地の敷き方は今回のレッスンのものとほぼ同じです。

 しっかりと角を抑え、下から上へ空気を抜き、側面の厚みを揃えてくださいね。


★タルト生地、クレームダマンドはレシピ量の2倍、3倍量をまとめて作り

 冷凍保存をおすすめします。前日に使用分だけ解凍して下さい。


★焼成の見極め。

 理想はタルトの中央までしっかり焼き色が付くこと。

 中央ばかり見ていると周りが焦げます。お気をつけ下さい。


★栗のペーストの作り方をデモで説明しましたが、栗は終わりの時期です。

 市販で販売されているペーストを使用して問題ありません。

 ただ、中にはかなり硬いものがありますので、その際はシロップ等でゆるめて

 あげて下さい


★渋皮煮も市販のもので代用できます。その際は、焼成時に栗にシロップをうたなくても

 大丈夫です。

 渋川煮は後日またレポ致します。


レシピの見直し、復習などでご質問等はいつでもメールにてお受けいたしますので

ご連絡下さいませ。










閲覧数:77回0件のコメント

留言


bottom of page