top of page

1月レッスンレポ【Engadiner Nusstorte】

1月レッスン『Engadiner Nusstorte』

まだ終了はしていませんが、

区切りが良いので、先にまとめて

おきます。


エンガディナーヌッストルテ

長くて意味不明?と思ったでしょう。


このお菓子はスイスのエンガディーン

地方の銘菓。

エンガディナーはエンガディーンと

いう意味。


そして

ドイツ語でヌッスはナッツのこと。

トルテはお菓子。


全部つなげると

スイスのエンガディーン地方の

ナッツのお菓子。

ということです。


お菓子は厚めのタルトに

ナッツのヌガーを挟んだもの。


今回はヌガーのポイントを抑えれば

作りやすいお菓子だと思います。


●フィリング ヌガー

ポイントは1つ。

むやみに混ぜすぎないこと。


温度計を入れますが

多少の火加減はあるものの

気になって混ぜてしまうと

温度の上がりが遅いので

気をつけてくださいね。


お鍋は少し深めのが扱いやすく

100℃ぐらいで鍋周りの1部が

やや茶色。


105℃ぐらい 鍋底が

キャラメルになり始めたら、

こそげ取る感じで。


115℃。

火を止めて準備したナッツを全て

合わせる


冷ましている間、数回混ぜなおし、

ナッツと絡ませてください。

この部分は、今回は私が行いましたが

必要です。

そのまま放置すると、

鍋底ヌガーがくっついてしまい

取り外しにくくなります。


●タルト生地

これまでに使用しているタルトとは

違い小麦粉が多いものです。


比較的扱いやすいですが、

冷やすとすごく硬く

使用できる硬さになるまでしばらく

常温に置く、またはめん棒で

たたいて伸ばせる状態にしてから

使用をおすすめします。


●組立

下生地と上生地の貼り合わせる際、

お水を必ずつけて、しっかり貼り付け、

フォークで抑えることです。

忘れてしまうと、結構な確率で

ヌガーが噴きだします。


●焼き型

インスタに投稿しましたが、

こちらにも書いておきます。


レッスンでは時間の都合上

マトファー社のものを使用しました。

レッスン時にお話した通り、

ご自宅ならば貝印のもので

十分だと思います。

●貝印 底取式 タルト型15cm×h30mm

DL6150

価格840円


●マトファー社 パンドジェンヌ型 16cm×h27mm

価格3240円+送料






●お召し上がり方

綺麗にカットすることを考えると

翌日以降がオススメと申し上げましたが

なんと!当日焼きがもの凄く

美味しいらしいのです。

←私はまだ試していませんが。


復習でお作りになられたら

ぜひ!粗熱がとれたぐらいで

召し上がってみてくださいね。




●Basic lesson ガトーショコラ


mackylabでは定番となり

何度もレッスンを行っていますが、

ここでおさらい。


お菓子作りに使用できるチョコレート

製菓材料店だけではなく

ちょっと大きめなスーパーや

少しお高めなスーパーで購入できる

時代になりました。


さて、みなさんクーベルチュールって

説明できますか。


販売されているチョコレートに

当たり前の表記として

ラベルが貼られていますが。


クーベルチュールとは

カカオバターの含有量が多く、

流動性が高い。

ボンボンショコラや

ケーキのコーティングなどにも

使われます。

お菓子屋さんで作られている

チョコレートを使った

生菓子や焼菓子もクーベルチュールが

使われることがほとんど。


細かく言えば

・カカオ分35%以上

・カカオ分のうち、カカオバター31%以上、

 無脂カカオ固形分2.5%以上を含む

・カカオバター以外の油脂は5%未満

です。


レッスンでは3種類のチョコレートをブレンド

していますが、チョコレートの価格もかなり

高騰していますので、1種類だけでも良いかと

思います。

その際は、1番使いやすいエクストラビター61%が

オススメです。

















閲覧数:24回0件のコメント

Comments


bottom of page