top of page

レアチーズタルト 組立

更新日:2023年8月20日


タルト生地 mackylab 甘いタルト

  (Pâte sucrée)

・レアチーズ 1/2量

・生クリーム 80g

(レアチーズを作れば、

 生クリームが必要なので

 必然と余るはずです)


①タルト生地

 ストーンを入れて空焼きをします。

 これは空焼きと言えども、

 この後は焼かないので

 ストーンを取り除いた後、

 しっかりと底面まで

 焼きます。ストーンを取り除いて

 10分ぐらい

 (オーブンによって、温度によって

  異なります)

 

 いつも通り卵黄をうすーく塗って

 2分焼成。

 おすすめは、卵黄ではなく、

 パータグラッセ

 (コーティングチョコホワイト)

 を溶かして、うすく塗ることです。


 今回こちらがおすすめなのは、

 卵味を感じないようにする

 ためです。

 いつもは更にアーモンドクリームや

 卵液など加えるため、あまり

 感じないと思いますが。


②レアチーズ

 お渡ししたレシピ通りです。

 14cmタルトには、半量ぐらいで

 よいかと。

 少し多いぐらいです。


③組立※追記事項

 1焼成したタルトにレアチーズを

 入れる。タルトより2mmぐらい低く。

 この後、生クリームを入れるので。

 一旦冷蔵庫に入れる。


 2 生クリームを泡立てる


  写真のようなコームまたは、

  模様をつける場合はしっかりと。

  ※ホイッパーできちんと持てる。


  パレットナイフで平にするだけ

  ならば、ゆるめ。

  ※ホイッパーでなんとか持てる

  くらい


 2 タルトを置き、その両端に竹串

  または割りばし、お持ちの方は

  3mmルーラーを置きます。

  その上にタルトリングを

  置きます。


 ※お使いになった竹串などの

  高さの分、タルトリングが

  浮きます。2~3㎜。


 3 泡立てたクリームをレアチーズ

  の上にのせる。

  パレットナイフで広げる。


4 ※コームを使う場合

  回転台の上にお菓子を置く

 (真ん中!これが大切。

  意外とズレている人多いです)

  力を入れずにコームを

 (角度は45℃ぐらい)置き

  平らにすると模様が浅い。

  立ちすぎると削ってしまう

  ので、チーズまで到達して

  しまうかも。  


  回転台をまわしながら。


 ※ 平にする場合。回転台は

 要りません。

 全体にクリームを広げたら、

 一度パレットナイフを綺麗に

 拭きとる。

 

 右利きの方はパレットナイフを

 右手で持ち、

 左手でパレットナイフの先端を

 添える程度で、こちらも角度は

 45℃ぐらい。


 お菓子の奥から自分の方へスーッと

 パレットナイフを動かす。

 ※この時、止まらない。

  ナイフを動かし始めたら必ず

  最後まで。

 ※ご自分の立ち位置がお菓子に

  寄りすぎると、手前にナイフが

  移動した時、寄りすぎて

  ナイフの扱いが難しくなります。


  一度、シュミレーションして

  みるとよいです。


  何度もやり直しすると、

  クリームが反って汚くなります。

  やり直しは1回まで。

  その時はクリームを少し上乗せ

  して、パレットナイフで

  全体に広げるところからです。


 ※星形や丸形で絞っても

 かわいいですよ。


 以上が組立です。

 タルトに湿気ないような

 工夫をしても、

 やはり水分の多いものが入るので

 湿気やすいです。


 お作りになって翌日には

 タルトが柔らかくなってしまう

 こともありますので、

 プレゼントする時はこの点を

 お気をつけくださいね。


  

閲覧数:33回0件のコメント

コメント


bottom of page